高断熱

Effects of Thermal Insulated and Airtight
夏涼しく、冬暖かいワウハウスの新断熱工法。

次世代省エネ基準 最高等級の約1.3倍

次世代省エネ基準
  • 高い断熱性能(省エネ性能)

    ビーズ法ポリスチレンフォームの中は空気(完成製品体積の約98%が空気)で、これがポリスチレンフォームの高い断熱性能を生み出しています。また、この特性を活用して適切に断熱された建物は、少ないエネルギーでも快適な室内環境を実現することが出来ます。「無駄なエネルギーを多く必要としない」「無駄なエネルギーを使わない」ことで省エネや節電につながります。

    高い断熱性能
  • 長期安定性

    ビーズ法ポリスチレンフォームは長期にわたり断熱性能が低下しないので住まいを長持ちさせます。1957年第一次南極観測隊により建てられた昭和基地の断熱材として使用され、最低気温-50℃の南極で隊員たちを守りました。40年の風雪に耐えたポリスチレンフォーム建材を調査したところ、建築当初と比べて断熱性能がほとんど低下していないこと が建築学会によって確認されています。

    長期安定性

優れた安全性

ビーズ法ポリスチレンフォームは、特定フロン、代替えフロンは一切使用していません。認証として、ノンフロン、ノンホルムアルデヒドの安全性を示す「JIS F☆☆☆☆等級」、「グリーン購入法適合資材」等に認定されており、食品容器としても幅広く使用されている通り安全性に富んだ素材です。

隙間を作らないピッタリ施工
精密なプレカットで均一な仕上がり

断熱材の天敵は結露です。繊維系断熱材の場合、壁内に結露が発生すると断熱材が水分を吸収し形状変化を起こします。
水分を含んだ断熱材は断熱性能を低下させるだけではなく、壁内でカビやダニを発生させ、そのダニ・カビなどのアレルゲン物質はやがて人体に悪影響を及ぼす場合があります。結露を発生させる原因は隙間です。施工時に生じた隙間からトラブルに発展するケースもあります。一方、ビーズ法ポリスチレンフォームは殆んど水分を吸収しません。その上ワウハウスの断熱材は、一棟一棟異なるサイズに合わせて高精度にプレカットされているので施工者によって仕上がりにムラつきがなく均一な施工が可能です。ピッタリ施工で隙間を作らないので長期にわたり健康な住まいを実現させます。

優れた安全性