中庭のある暮らし

Courtyard

プライバシーを守りながら採光・通風を確保

建物の内側に囲まれた壁のある中庭(コートハウス)を備えた住宅は、外からは見えない半屋外のプライベートな空間を確保でき、プライバシーを保ちながらも庭の魅力を存分に堪能出来るのが人気のプランです。さらに採光をとることで隣接した部屋に自然光を取り入れた、明るい空間を演出します。

中庭のカタチ

中庭とは家の中にある庭のことを言います。また、コートハウスとは壁で囲んで、建物の内側に中庭をつくった家のことを言いますから、コートハウスで見られる中庭の形は一般的には中庭の四方が壁で囲まれているロの字型をしています。その他に中庭には、L字型のものやコの字型のものなど、様々な種類があります。

中庭のメリット

最大のメリットは室内に自然光を確保し風を取り入れ、室内と室外にゆるやかな繋がりを持たせることが出来ることです。またそれだけではなく、様々なメリットがあります。生活空間に中庭をうまく取り入れることで、生活にメリハリが生まれ豊かな生活環境を手にいれることが出来ます。

  • 中庭が各部屋に隣接している為、自然光を取り入れることで部屋が明るくなる

  • 真ん中に庭をおきますので、風の通り道となり、非常に風通しのよい家になります

  • 外からは見えないプライベートな空間のため、プライバシーが確保できる

  • 家の真ん中に庭を配置するため、視覚的に家が開放的にみえる

  • 回遊動線をつくることができるため、非常に、効率よく移動できるようになります

  • 中庭があることにより外部の空間を身近に感じることが出来ます